Page: 2/131  << >>
議会事務局職員辞令交付
0

     3月31日(火)議長室において、退職される鎌田局長、移動される事務局職員の皆様への辞令交付とご紹介が行われました。その後、議長に続きご挨拶をさせていただき、お世話になったお礼を申し上げるとともに、新たな部署でのご活躍をご祈念申し上げました。

     新年度となり翌4月1日(水)同じく議長室において、新任の深山局長はじめ昇格・移動でいらした職員の皆様への辞令交付とご紹介が行われ、昨日同様、議長に続きご挨拶をさせていただき、議会運営を進めて行くパートナーとして頼りにしていること、オリパラ、市制100周年を控え、議会からの発信に力を貸していただきたいこと等についてお伝えいたしました。

    | だんぎ和彦 | 23:30 | comments(0) | - | - | - |
    防災用品・システム視察
    0

       3月25日(水)先輩議員にお誘いいただき、茨城県つくば市にある株式会社第一テクノ茨城営業所に伺い、防災用品・システムについて視察させていただきました。こちらはBCP対応の新社屋で、AEDも備える地域の防災拠点でもあるとのことです。

       はじめに、座学で防災用品についてのご紹介をいただき、道路の冠水被害に対応する雨水貯留浸透層を構築する「アクアロード」国土交通省の厳しい審査をクリアした「コンボルト型屋外貯蔵タンクシステム」などのご説明をいただきました。

       その後、実際に社屋に備えられているシステムを視察させていただき、災害時・停電時に防災倉庫を照らす「番灯くん」、飲料水兼用の耐震性貯水槽、排水ポンプ車、特に目を見張ったのが、津波・高潮に対応する浮力式防水版「アクアシャッター」「ネオライズ」、また、持ち運び可能な蓄電池「POWER STATION」など、本市でも活用できるのではと感じました。

       本市では昨年の台風・豪雨での被害を教訓として、3月16日閉会となった令和2年第1回定例会において「災害に強いまちづくり」を新年度予算の柱として可決してきたところですが、防災・減災については今後もさらに提案して参る所存です。

       

       

       

      | だんぎ和彦 | 23:11 | comments(0) | - | - | - |
      新型コロナウイルスによる学校の休校について
      0

         3月23日(月)・24日(火)にかけて、新入生へのメッセージをお届けも兼ねて、花見川区内の小中学校・高校・幼稚園などに伺いましたが、児童・生徒の声が聞こえない学校は寂しく感じました。24日は終業式があり子どもたちを見かけましたが、時間は詰めていたようで早めに家路についている様子でした。新型コロナウイルス感染症対策につきましては、できる限りのことは行っていこうと考えるとともに、一日も早い終息を願っております。

        | だんぎ和彦 | 22:37 | comments(0) | - | - | - |
        新型コロナウイルス感染症対策について
        0

           新型コロナウイルス感染症につきましては、日々様々な情報が伝えられておりますが、3月11日(水)世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長が記者会見において「パンデミックとみなすことができる」と表明いたしました。これにより、単にウイルス感染を封じ込めるだけでなく、重症患者への診療体制強化や社会・経済への影響の軽減など、広範な対策を進めることとなります。

           国においても様々な対策が講じられておりますが、千葉市では熊谷市長を本部長とする「千葉市健康危機管理対策会議」を立ち上げ、第1回会議を2月19日(水)に、第2回を2月25日(火)に、第3回を3月3日(火)に開催し、それぞれ「発生状況と市民への周知」「予防対策の徹底とイベント等の開催の考え方について」「各局等からの報告と今後の対応」などについて協議が行われました。同時に千葉市議会においても、各会派の代表者で構成する会議に同様の機能を持たせ、「傍聴者の感染予防対策」「執行部が行う対策への支援」等について協議し、今後も状況を踏まえながら協議することといたしました。

           また、千葉市のホームページにおいて最新の情報を発信している他、2回にわたり「ちば市政だより臨時号」が発行され、3月5日号では「新型コロナウイルス感染症とは」「日常生活で気をつけること」、その他市立学校の休校や市施設の休館、相談窓口などについて掲載され、12日号では「運動不足にご注意を!」「日常生活で気をつけること」、新型コロナウイルスによる休業などで生活のお困りの方へ「国の支援制度・市の支援制度・その他の支援制度」について記載されました。

           千葉市では予定されていた行事やイベントについては、感染症対策の観点からほぼ中止・延期となり、市立小中学校は3月3日から、高等学校は4日から16日までとしていた臨時休校期間を、春休み前日の24日まで延長することといたしました。

           新型コロナウイルス感染症対策に関しましては、飛沫感染・接触感染により感染するといわれておりますので、できるだけ人混みをさけるなど、感染の予防に十分注意するとともに、不確かな情報に惑わされることなく落ち着いて行動することが大切です。今後も日々状況が変わってくると思われますので、市民の皆様・区民の皆様には、確かな情報を発信して参りたいと思います。

          | だんぎ和彦 | 22:16 | comments(0) | - | - | - |
          令和2年第1回定例会
          0

             令和2年第1回定例会は、世界的な広がりを見せる「新型コロナウイルス感染症」について様々な報道がされる中、開会いたしました。千葉市においても、熊谷市長を本部長とする「千葉市健康危機管理対策本部」が設置され、今議会の2日目にあたる2月19日(水)に第1回会議が行われましたが、議会においても各会派の代表者で構成する会議に同様の機能を持たせ、執行部への協力や議会日程の変更等について協議いたしました。

             また、第1回定例会恒例の議会コンサートについては予定通り開催され、初日2月18日(火)11:00より、第1部はアルメニアの民族楽器ドゥドゥクとコントラバスギターによる演奏、第2部はチェロとギターによる演奏を楽しませていただきました。

             本会議は13:00より開会し、諸般の報告、会期決定の件、議案・発議上程が行われ、その後各会派に分かれての議案研究となり、私の会派では2月20日(木)まで行いました。

             2月26日(水)・27日(木)には4つの交渉会派による代表質疑が行われ、予算議案以外の議案を常任委員会の付託、予算議案については27日(木)本会議終了後に設置された予算審査特別委員会に付託されました。

             2月28日(金)から3月4日(水)までは5分科会による予算審査、3月5日(木)には5常任委員会による予算議案以外の議案についての審査が行われました。

             3月9日(月)からは一般質問が始まり13日(金)まで行われ、13日(金)本会議散会後には議場において予算審査特別委員会が開催され、分科会報告・意見表明・採決が行われました。

             最終日の3月16日(月)はAM10:00開会となり、予算審査特別委員長を含む委員会報告・討論・採決が行われ、続いて人事案件の追加議案審議及び発議審議、その後千葉市選挙管理委員及び補充員並びに千葉市各区選挙管理委員及び補充員選挙が行われました。

             最後に、退任される服部副市長、齋藤病院事業管理者両名からご挨拶、その後、熊谷市長より退職される局長・次長の紹介も含め発言があり令和2年第1回定例会は閉会となりました。

            | だんぎ和彦 | 21:48 | comments(0) | - | - | - |
            教育フォーラムちば2020
            0

               2月16日(日)、千葉県教育会館大ホールにおいて開催された「教育フォーラムちば2020」に出席させていただきました。開会行事の後、テーマを「子どもたちの健やかな成長のために〜これからの学校の在り方について考える〜」とした基調提案、上智大学総合人間科学部教授・東京大学大学院教育学研究科客員教授の澤田稔先生を講師としてお迎えして「これからの学校の在り方について考える」をテーマとした講演が行われました。

               翌17日(月)は、10:00開会となった「令和2年第1回千葉県後期高齢者医療広域連合議会定例会」に出席いたしました。終了後は千葉みなとリハビリテーション病院で開催された地域評議員会に出席させていただき、現在の病院の状況等についてご説明いただいた後、院長先生はじめリハビリテーション病院の先生方との意見交換をさせていただきました。

               

              | だんぎ和彦 | 00:43 | comments(0) | - | - | - |
              第1回定例会前の代表者会議・幹事長会議・議会運営委員会
              0

                 2月12日(水)10:00からの会派総会終了後、京成ホテルミラマーレにおいて開催された、内外情報調査会主催の研修会に出席いたしました。元在韓国大使の武藤正敏氏を講師にお迎えして、「文在寅大統領で韓国と日韓関係は大丈夫か?」をテーマに講演が行われました。18:00からは千葉駅前クリスタルドーム跡地において行われた、連合千葉中央地域協議会主催の「2020春季生活闘争アピール」に参加いたしました。

                 13日(木)は、午後から第一会議室において正副議長代表者会議が開催され、第1回定例会に提出される議案について説明・協議、終了後は理事会室において幹事長会議が開催され、新庁舎整備に係る議会フロアについて・議会だよりへの代表質問者の氏名掲載について・広報委員会の在り方について・予算審査特別委員会の正副委員長の選任について等の協議を行いました。また、14日(金)には第一員会室において議会運営委員会が開催され、第1回定例会の具体的な日程が決定いたしました。

                | だんぎ和彦 | 00:26 | comments(0) | - | - | - |
                京葉5市議長連絡協議会研修会
                0

                   2月6日(木)午前中、財政局のレクの後「第6回議会運営活性化推進協議会」が開催され、災害対応について・議会のICT化について協議いたしました。午後からは、オークラ千葉ホテルにおいて、元三重県知事・早稲田大学名誉教授の北川正恭先生を講師にお迎えして「議会の力で地方創生」の講演が行われました。終了後は、津田沼・京成労働会館において開催された「地域公共交通会議」に出席させていただきました。

                   7日(金)は、議会事務局との打ち合わせ後、議長室において第1回定例会議案レク、夜は新検見川駅において連合千葉中央地域協議会の皆様と共に駅頭活動を行いました。

                   8日(土)は、早朝5:00より勝田台ユニビルで行われた朝起き会に出席、10:00からは千葉県教育会館で開催された、千葉市日中友好協会総会に出席いたしました。また、16:00からは三井ガーデンホテルにおいて開催された「たじま要・新春の集い」に出席させていただきました。

                  | だんぎ和彦 | 00:00 | comments(0) | - | - | - |
                  第1回先進地方議員全国大会
                  0

                     2月4日(火)10:00より、千葉市役所8階正庁において「令和元年度千葉市町内自治会の集い」が開催されました。昨年は議会の代表として副議長という立場で出席させていただきましたが、本年は自治会長として感謝状を頂戴し身に余る光栄と感じるとともに、日頃より支えていただいている地域の皆様への感謝の気持ちを感じたところです。夜は東京都中央区銀座7丁目の銀座同和ビルにおいて、一般社団法人公共経営研究センター主催で18:00より開催された「第1回先進地方議員全国大会」に出席させていただきました。講演会は、本市の熊谷市長が講師となった基調講演「台風15号・19号・10月豪雨災害の教訓」、政策提案をはさみ、熊谷千葉市長・牛山明治大学教授・篠田前新潟市長(コーディネーター)によるパネルディスカッションが行われました。また、終了後交流会にも参加させていただき、各地域の議員皆様や大学の先生方他参加された方々との情報交換をさせていただきました。

                     翌5日(水)は、午後から千商会(同窓会)会報の発行及び総会の打ち合わせのため、母校の千葉商業高校を訪問し千商会三役会に出席いたしました。18:00からは京成ホテルミラマーレにおいて開催された、千葉市食品衛生協会新年会に出席させていただきました。

                    | だんぎ和彦 | 23:35 | comments(0) | - | - | - |
                    都市行政問題研究会第111回総会(解散総会)出席
                    0

                       2月2日(日)立正佼成会千葉教会において開催された「節分祭」にお招きいただき出席させていただきました。

                       翌3日(月)は、東京都千代田区の都市センターホテルにおいて「都市行政問題研究会第111回総会(解散総会)」が開催され出席いたしました。「都市における観光、インバウンド等への対応」について協議した後、「都市行政問題研究会の解散」について協議を行いました。全国市議会議長会をもって組織され、昭和32年の創設以来活動を続けてきましたが、各都市においては行政問題等が多様化していることなどから、発展的に解散をすることとなりました。今後は特別委員会として設置され、特定の都市問題について関心を持つ市が集まり運営していくとのことです。

                      | だんぎ和彦 | 22:33 | comments(0) | - | - | - |

                      PR

                      Calendar

                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << July 2020 >>

                      Profile

                      Search

                      Entry

                      Comment

                      Archives

                      Category

                      Link

                      Feed

                      Others

                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      Mobile

                      qrcode